鎌ケ谷総合病院,看護部公式サイト

鎌ケ谷総合病院,看護部公式サイト

MESSAGE先輩メッセージ

整形外科への熱意から、手術実績の多い当院に入職

私には、もともと整形外科病棟で働いていきたいという思いがありました。そこで、整形外科に強みがある病院を探したところ、自宅近くの当院に年間1000件以上の手術実績があることを知りました。自分の望む看護ができるかもしれないと魅力を感じ、入職を決めました。現在、希望通り整形外科に配属となり、周術期看護をメインに業務に携わっています。
下肢切断など身体が著しく変わってしまうような治療もあり、かつては悲観的になった患者様にも接しました。しかし、ご本人の思いや今後の生活などについて一緒に考えたことで少しずつリハビリに前向きになり、最終的には装具を使用し、歩いて退院されました。そうした一つひとつの事例にやりがいを感じています。

「笑い」で患者様を支えたい

私は、実は「笑い療法士」という資格を持っています。笑い療法士とは、人に笑いをもたらし、それによって「幸せ」という感覚と自己治癒力の向上をサポートする存在。この資格を取得したことで、患者様を笑顔にすることはもちろん自分自身の心も穏やかになり、日々の看護業務もスムーズにこなすことができるようになりました。
私は休日を家族と外出したりして過ごしますが、時には公園で子どもと走り回って遊んだりもします。笑いある子育てと笑いある病棟業務を両立し、より良い看護を提供できるよう、整形外科看護を追求していきたいと考えています。

#

#